ロッピスの余韻

SHARE:

IMG_0354

 

 

 

 

友達が金沢でイギリスのアンティーク家具のお店「A111GATE」をはじめたのが、ちょうど1年前。

 

a111

 

1年お店を振り返ってみて、
「さらに面白い事を、、、何か、、、」
そんな話を聞きながら、焼き鳥をかっ食らっている私の口から、ふと出て来た言葉が
「上田と言う街は、面白い。そこに住む人々、集う人々にヒントがあるかもよ?」だった。
halutaをはじめとして広がる繋がり。
シェアオフィスのHanalab.、ゲストハウス、
Fikaや黒ひつじ、上田の街の濃い老舗のお店、不思議な袋町
伝えたい所だらけ、見てもらいたい所だらけ、逢って欲しい人だらけ。
だってだって、上田は面白い。
それなら、実際行こうじゃないか!
そう言って上田にびゅーんと向かったのが8月のはじめ。
kurohitujikey
kanahaluta3
syugo
そこで耳にしたのが「ロッピス」と言う単語。
Hanalab.の井上さんから教えてもらった。

 

なんやら、上田の街でイベントをすると言う。

 

私の中では、イベントの飽和状態で
ここでもかぁ〜

 

正直、薄い期待しかしていませんでした。
(本当、すみません)
縁あって [饅頭VERY MUCH] として出店させていただける運びとなり
連日届くイベント詳細や、出店者リストなどを見て
日々募る「わくわく」といったら「どきどき」。
何より、サポート体制と意気込みが、はんぱなく熱い!
絡む人たちが、すごすぎる。
こんなにイベントが心待ちになるなんて!
正直、初めてでした。

 

ここ最近、金沢での展示会や、出店の際の
饅頭VERY MUCHのディスプレーは、
「Travel up home」と言う名前で活動をしているS君が手伝ってくれていて
8月の上田探訪から間あけずして、
ワイヤーやら、木の板やらを曲げたり、ぶら下げたりを駆使してこの日も参戦してくれました。

IMG_3274

おかげで、大盛況やったっす。
ありがとう。

■彼は人間イルミネーション■—————————————————
|ロッピス当日、
|彼は、朝からお酒を飲んで真っ赤。
|薬局に行くと言って3時間行方不明になり、
|帰って来た時には、顔が真っ白。
|翌日は、ホテルで眠る際お腹を出して寝たらしく
|朝現れたときは、顔が真っ青。
|言葉にならない、小田和正的な登場から、
|帰路につく頃には、奇跡の生還で、上海ニーハオ
|一人イルミネーションを見事2日に渡って見せてくれた彼には
|退屈しませんでした。
|色んな意味で、ありがとうでしたね。
———————————————————————————————
いやぁ、Loppis Uedaが終わって早、半月が経ちますか。
楽しかったなぁ〜。

 

出店されたた各店舗のディスプレーや、作品のクオリティーの高さ、燻製たまごの美味しさ
色んな事が、今も、色濃く思い出せて、ドキドキする。
こんなイベントなかなかないや。
あの日出逢ったお客様や、出店者の方々、Loppis隊のみんな。
私がhalutaに居た頃に、足繁く通って下さってた常連さんや、halutaスタッフ&OB達、
金沢からベリーダンス御一行様として強行スケジュールを押して参戦してくれた
yu-miとその仲間たち。

IMG_3297

すべての人々が、生き生きと楽しそうで、
既に、次回のLoppis Uedaが楽しみになりました。
あの日お会い出来た皆様、
改めてありがとうございました。
またお会いできる日を、心待ちにしております。

それと同時に、金沢と長野、東京を結ぶ何かができたらいいなと
やっぱり、こっそり胸に秘めたピーポーでした。

↓よかったらロッピスの写真が一部ご覧になれます。

ロッピス ステップ ジャンプ

IMG_0371

ABOUT AUTHOR

金沢を中心に、あちらこちらに、ゆらりふらりと現れて活動しております。 饅頭と名乗りながら珈琲とパンを基調としたイラストを描き どこか耳を疑うようなタイトルと、2度見しちゃうようなイラスト達を Tシャツ、トートバッグ、手ぬぐいなどのアイテムに転写して 饅頭VERY MUCHの世界観を繰り広げております。 パンを中心にした生活を送り、珈琲を愛する日々から生まれた仲間たちです。 感謝の気持ちと、肉厚な見た目の調和から生まれたのが 「饅頭VERY MUCH」です