上田view

SHARE:

上田view

今日はhaluta packing case ってどこにあるの?
そんな素朴な疑問にお応えします!

haluta packing case は、長野県上田市にあります。

 

・・・「そもそも上田ってどこ?」

haluta packing case に来る前、わたしも「長野かぁー長野…上田?ん?わりと東京から近いのね。」というくらいの認識でした。
実際に住んでみて、山に囲まれていて、どこを見ても山が見えて、空が近くて、穏やかで(寒さは厳しいけれど)いいところだなぁ、と思っています(ただし寒い…けれど、その分すごく星がきれいに見えます!)。

ということで、今回は上田という土地について、ちょこっと書いてみようと思います。
まずはこちらの地図を。

上田電鉄の沿線案内図。上田周辺がいい感じに網羅されています。

IMG_0716
[出典:(2011)土屋節『別所線 町に生きる』柏企画]

 

山に囲まれていますねー。北は菅平高原を中心として、南は美ヶ原高原を中心として、山々が連なっています。
上田市域は上田盆地全体。真ん中に千曲川が流れています。
千曲川右岸の旧市街地は、戦国時代に真田氏が築いた上田城を中心とする城下町。
千曲川左岸には鎌倉時代の文化遺産もあって「信州の鎌倉」と呼ばれることもあるんだとか。

 

ではお次ぎはこちら。ぐっと引いてgoogle mapで。

長野県上田市御所583 - Google マップ (2)
[google map]

 

日本のほぼ中央に位置しているんですねー。長野県の中央より少し東北くらいの位置。
長野市や松本市にも隣接している他、新幹線も通っていて、東京へも2時間あれば行けちゃいます。

車でのアクセスは上信越自動車道の上田菅平ICから。

 

ではここで、上田菅平IC近く、haluta BOSSに乗っけてもらってある場所を見に行った時の様子をムービーで。(※音が出ます)

[music: 蓮沼執太 the Light Source]

 

伝わったかなぁ、この眺め。

冷え込む朝晩に対して、昼間は日差しが強く、ぽかぽか陽気です。
上田の気候は年間の最高気温が35℃、最低気温が−10℃前後(!)。昼夜、冬夏の寒暖の差が激しい典型的な内陸型です(寒いわけだ…)。
晴天率が高くて、全国でも有数の小雨乾燥地帯なんだとか。それでも、ダムや農業用水、ため池のおかげで深刻な水不足もなく、お米や果物、野菜も生産されています。
[出典:(2014.11.26.アクセス確認)Web 上田市 「上田市ってどんなところ?」ページ

 

そういえば、上田市の北東部には「日本の棚田百選」に選ばれた信州稲倉の棚田もあるんです。
尾澤木彫美術館(ここも面白いところなので、またどこかでご紹介しますね)で写真を見せていただいたので、その写真を。

IMG_0508

 

実はここ、BOSSに連れて行ってもらったところの近く。何で連れて行ってもらったかというと…いずれこの場所も詳しくご紹介できるかと。

 

わたしも朝通勤の時や、出かける時、ほんとうにハッとするくらい美しい景色が広がっていて、まだまだ「山が見える暮らし」に新鮮に驚いています。

IMG_0058

IMG_0008
スーパーに行く度にこんな眺めに出会えるのです。山に囲まれているって、すごいなぁ。

haluta packing case [上田市御所583]は上田駅からも歩いて来られる距離。
天気がよければ、散歩も兼ねて歩いてみるのも良いかもしれません。(ただし、上田を散策するには車があった方がよいかも…)
今の時期、朝晩は冷え込むので、あったかアウターを忘れずに。

遠方からお越しの方は、ぜひ上田の景色も楽しみの一つとして!