お花見ゾンビ (P)

SHARE:

sakura2

春、本日金沢の兼六園の桜も、開花宣言を迎え
ぱっと、街の中が、お花見ムード。
今週末あたり、綺麗な桜がみれそう。

5年ほど前、長野に移住してすぐに開かれた
halutaのお花見を思い出す。

上田城跡にて開かれたお花見は、
みんなが、腕によりをかけた数々のご馳走で宴が始まり、
個性豊かなスタッフと、その家族や友人達が集い、
大きな円陣で、元気よく乾杯をした。

「あぁ、これがhalutaファミリーなんだなぁ〜」と、
長野生活の始まりを、しみじみ噛み締めた事を思い出す。

オーナーのお母さんが作ってきてくれたおでんと、
眉なしナオコはんが握って来た、似顔絵おにぎりが特に印象的だった。
一人暮らしを始めてすぐで、手料理が何より沁みた。

しかし、ここは、長野。
なにせ、長野。
冬季オリンピックが開催された地NAGANO

夜のお花見は、寒い。
寒さも、身に沁みた。

初めて訪れた上田城跡の中を、勝手も分からずトイレを求めて、
千鳥足ゾンビが、ふらふらと、何度もさまよい、
ちょうちんだったかが、ぶらぶら、ぶら下がる明かりを頼りに、
ひたすら、蛾のように、舞い舞い迷子になった記憶が強くて、
その後一度も、上田城跡を訪れていない。

今月の中頃、新しく海野町にオープンする
「アンデル」のレセプションにお邪魔するつもりだ。
その頃、上田の桜は、どうだろうか?
「今年は千鳥足ゾンビには、絶対にならない!」と、心に決めて
私は、上田の桜を首を長くして待っている。

sakura1
(提灯の明かりのみでうつした写真も、まさにホラー/5年前のお花見の様子)

===================
(ピーポー)

ABOUT AUTHOR

金沢を中心に、あちらこちらに、ゆらりふらりと現れて活動しております。 饅頭と名乗りながら珈琲とパンを基調としたイラストを描き どこか耳を疑うようなタイトルと、2度見しちゃうようなイラスト達を Tシャツ、トートバッグ、手ぬぐいなどのアイテムに転写して 饅頭VERY MUCHの世界観を繰り広げております。 パンを中心にした生活を送り、珈琲を愛する日々から生まれた仲間たちです。 感謝の気持ちと、肉厚な見た目の調和から生まれたのが 「饅頭VERY MUCH」です