本を読む生活 (P)

SHARE:

book

小さい頃、1時間に1本しか出ていないバスで、毎日1時間かけて習い事に通っていました。
このご時世に、我が家は、車のない家でして、
移動と言えば、徒歩と電車とバスを駆使するしかなく、
もっぱらバスにお世話になることが多かった気がします。

子供の頃、バスを待つ間ってのは、実に心細いもので、
寒さ凌ぎもかねて、バス停の近くにある本屋さんで、ずいぶん時間つぶしをさせてもらいました。
今より、幾分か本は安かったけれど、子供にとって簡単に買えるものではなかったし、
色々な雑誌の発売日が重なった日の、
平台にいつもと違う本が並ぶ光景は、ちょっとしたイベントのようで、楽しみでした。
懐かしいな。

ポチっとクリックをしたら、次の日には本が家に届いたり
好きそうな本が自動的に下の画面におすすめされたり、
そんな時代なんて、想像もつきませんでした。

高校1年生になって、本屋さんでアルバイトをはじめましたが、
まさかそのアルバイトが5年も続くことになろうとは、思いもしませんでした。

あまりモノを買ってもらえる家ではありませんでしたが、
本には、縁があったせいか、そのご縁が今でも続いていて
家の色んな部屋は、本だらけです。

読書家と言うほど、ものすごい量を読む訳ではないけれど
本を手に取る事、本を買う事、本を読む事、そんな色々が大好きで、止められません。

先日から、少しばかり体調を崩して
お布団の中で、いつもよりたくさんの本を読みました。

もう少し先ではありますが、もうすぐ春ですね。

良い本に、出逢いました。
あっという間に読めそうで、読んでいてほっこりします。

nakamura

ABOUT AUTHOR

金沢を中心に、あちらこちらに、ゆらりふらりと現れて活動しております。 饅頭と名乗りながら珈琲とパンを基調としたイラストを描き どこか耳を疑うようなタイトルと、2度見しちゃうようなイラスト達を Tシャツ、トートバッグ、手ぬぐいなどのアイテムに転写して 饅頭VERY MUCHの世界観を繰り広げております。 パンを中心にした生活を送り、珈琲を愛する日々から生まれた仲間たちです。 感謝の気持ちと、肉厚な見た目の調和から生まれたのが 「饅頭VERY MUCH」です