SHARE:

昔は大嫌いだった「身の丈に合わせる」という言葉。

身の丈なんて自分で決めたくないし、決められたくもない。
ましてや、その丈に合わせるなんて、自分の可能性を自分で制御しているようで嫌だった。
でも、
31歳にもなり、今なら違う風にも感じられるようになった。
身の丈を知るというのは、目標を下げることではなく、その目標の動機の大きさを自覚する事。
目標と動機のバランスを取ることが、身の丈に合った振る舞いを可能にする、と。
客観的に物事を見ることも重要ですよね。
なーんて事を考えていたら、、、
身の丈に合った佇まいをした、絶妙な奴を身近に発見しました。
_DSC0098.jpg
 
イスの方も絶妙ですが、
注目して頂きたいのが、その隣のソックスです。
 
 
この、絶妙な「丈」。
 
 
くるぶし丈でもなく、普通の長さよりは短いこの丈。
こいつ、「身の丈」知ってます。
ソックスの丈なんて、、という声が聞こえてきそうですが、
ちょっとした違いですが、とても重要な部分なのです。
これからの季節は7分丈のパンツや、ショートパンツの出番も増えると思いますが、
そんな時に、この絶妙な丈が生きてくるのです。
(最近は暖かくもなってきて、こいつにお世話になりっぱなしです)
 
 
今年はこいつを味方につけて、「身の丈に合った振る舞い」できちゃうな。
 
あいかわらず、動機が不純な大井でした。
オンラインストアはこちら↓
socks.jpg